ゲーム馬鹿な日々


下手の横好きが格ゲーやネトゲをメインに、ゲームな日々を綴るブログ
by arc1230
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

09/09/28 ブレイブルー通信対戦日記Ver.2

「なんで、ライチ使ってるのさ?」
「勝てないって分かってて使ってる意味ないじゃん」

ゲームが出てから、ずっと使ってるキャラで、
勝てないから、悩んでたら、そんなん言われた。

たしかに、テイガー触るようになったら、
テイガーなら勝てる場面は増えたけど、
自分のやりたいことやってるワケでもない。




半分はネガティブネタ。

VCでそれ言われて、
昨日はホンキでカンに触れたらしく、
今まで一番文句をブチまけた。
だって、そうでしょ。
そう言われるってことは、逆にそう聞いてきた相手に対して、
「なんで、○○使ってんのさ?」
「当然のように勝てるって分かってて使ってるんじゃ、
 つまんないじゃん」
って言ってしまう。

あ~ぁ。バカくせぇ。

言われてることが、
当たり前なことだけに分かってんだよ。


でも、だったら、別キャラに変えるってのは、
絶対やりたくない行為なんだけど…。

いや、自分にとって合わないキャラとか、もう分かってんだわ。

人の言葉使っちゃうけど、
使い込みもできていない、
性能を全部引き出せていないのに言うことじゃないし、
結局、他のキャラ使ったところで、
また同じように使い込みもできていない、
性能を全部引き出せていない状態で、
同じように負け繰り返して、
また投げ出すっていうスパイラルが見えるだけに、
キャラ替えを安易に行うことだけは、
このゲームにおいては、絶対に避けたい。


それが今までのオレそうだったし。
何より、いつまでも、
そんな風に見られてるのもイヤだ。

--------------------

ここから、前向きにかつ建設的考えてみた。
問題点の認識、その原因と解決方法を列挙していく。

てか、もう、俺のブログを読んでいる人の
何人かは気づいていると思うけど、
これは自分が忘れないためのオレ自身のメモ。
自分で自分の痛いところを突くためのメモ。


まずは、自分のライチを使う上での現状見えている問題点。

○地上戦での5Bの空振りが多すぎる。

○棒所持時の動きが1パターンすぎ。

○素手時の動きが出来ていないから、
 棒を離した瞬間から負けパターンになる。

○ゲージ使わなすぎる。

んじゃ、なんでこうなったか原因と解決方法を探ってみる。

○地上戦での5Bの空振りが多すぎる。
  ・現象
   棒所持時と素手時の主力技とは言え、
   当てるもしくはガードさせることを
   前提として振っているつもりが、
   全く、5Bの間合い外で空振りしていることが多すぎる。
   
  ・原因
   単純に、間合い把握していないのか、
   それとも、別な目的を持って出しているのか。
   …それはないなぁw
   多分、間合い把握していないだけなのと、
   常に、一番使う指(連携の起点となる指)を、
   Bボタンに置いているから、
   相手の行動に反応しちゃっているんだろうと考える。
   
  ・解決方法
   間合い把握していないというは、一番痛いので、
   別に先端当てとかを意識せず
   (多分どこかでそういうのを意識している)に、
   相手に当てる(ガードさせること)ことを意識する。
   言うのは簡単だけど、これを治すのが大変。


○棒所持時の動きが1パターンすぎ。
  ・現象
   5Bからの連携が1パターン。
   5Bがヒットするなら、
   5Cと繋げてコンボに持っていくのは当たり前だけど、
   5Bがヒットしなくても、
   5Cを入れ込んでいるクセができてしまっている。
   そのため、直ガが出来る人に対しては、
   5C直ガからの反撃が待っている

  ・原因
   もっともな原因が、ライチの基本連係もしくはコンボにある。
   ライチは、5B>5Cからのコンボが基本コンボにあたるため、
   無意識のうちに、5Cまで入れ込んでいるらしい。
   コンボ練習で、5B>5Cからの一通コンボの練習を一番やっていたために、
   無意識で出していると思う。
   なんだかなぁ。練習が裏目に出ているとか酷いw

  ・解決方法
   本来であれば、5Bのヒット確認をするべきなんだろうけど、
   5Bの速さからするとヒット確認は結構難易度高いので、
   反確ポイントでもない限りは、5Bは、
   『ガードされる前提で出す』ことに意識を傾ける。
   5B>6Bや5B>6Bフェイント等で、
   反確ポイントでない限りは、
   6Bフェイントや5B>6Aなどの中段を織り交ぜた連携を
   出すことを意識する。


○素手時の動きが出来ていないから、
 棒を離した瞬間から負けパターンになる。

  ・現象
   棒を離すタイミングから、棒を必死に戻す傾向にあるため、
   そこにつけ入られてる気がする。

  ・原因
   素手時の動きや連携を考慮していないのと、
   磨いていないから。
   おそらく、それだけしかない。

  ・解決方法
   ライチは棒所持時よりも素手時の方が崩しが多い。
   だから、素手時の攻めパターンを手数として入れること
   が、だからと言って、
   素手時の方が強いかと言われるとそうでもない。
   必死に棒を引き戻すのはなく、
   棒が置かれている場所に、近づくことを考える。
   ↓で書くゲージを使わなすぎることでの対処でも触れるが、
   ラピキャンを用いた連携も習得すること。


○ゲージ使わなすぎる。
  ・現象
   ラウンド終了後によく気づく。
   ゲージ100で負けている、

  ・原因
   ゲージを見ていない。
   溜まっているタイミングを認識していない。
   緑一色は、出せれば強い技をコマンドの性質上、
   失敗するか出さないという理由で出さない。
   大車輪は、出したところで避けられるケースが多いため、
   出していない。

  ・解決方法
   どうしても、画面全体を把握しつつ、戦うことが出来ないので、
   対テイガー戦の磁力ゲージ確認のように、
   一旦攻め終わったタイミングで、ゲージ確認することを心がける。
   もしくは、1コンボが終わったタイミングで、
   ゲージ確認することを心がける。
   緑一色は、出せる方法を模索するしかない。
   (※コマンドが→←↓↑のため、失敗するとハイジャンプ確定。)
   基本的にカウンター目的出す技なので、コンボに絡める意味もない。
   大車輪は、出しどころを見極める。
   どうしようもないところで出しても、抜けられるだけなので、
   画面端に攻め込んだとき、攻め継続できそうなときなどに絞る。
   素手時の攻めに、ラピッドを組み込んだ攻めを出来るようにする。


こんなところか。
単純に言ってしまえば、

クセを矯正すること。
2モードの片側がおそろかになっている。
ゲージをもっと使えってこと。

言葉にするのは簡単なんだが、相変わらず実行に移せていない。
これってトレモでどうこうなることなんだろうか?

人を相手にして、
初めてなんとか出来るとか思ってること自体が間違えかもしれない。

ジックリ、何度も何度も、
やっていくしかないっていうのは認識している。
だって、自分のやり方がそうだし、
スピード成長を求められるのも困るんだけど…。

うーん。
恥を承知でお願いしたい。
誰かオレ自身の躾?に付き合ってくれないか?
[PR]
by arc1230 | 2009-09-28 23:50 | ブレイブルー:通信対戦

ファン

ブログジャンル

画像一覧